YAPC::Asia 2014 に行ってきました。

YAPC::Asia 2014 に行ってきました。
自分にとって初めてのYAPCでしたが想像以上に楽しめました。

自分はこれまで、JavaPHPJavaScript、ActionScript3.0で主に仕事をしてきた人間で、あと趣味でRubyとC、学校でPythonをやってきたのですが、正直言ってPerlはそれほど積極的に使ってきませんでした。

Perlは、仕事でバッチ処理などを書くことはありましたが、オブジェクト指向で設計・開発するなどはここ一年くらいでようやくやり始めた程度のレベルです。
そんなレベルで、巷ではPerlオワコン説なんかもささやかれたりとかして、正直このままPerlに投資するのって正しい選択と言えるのだろうか、とか思っていました。ただ一方で、Perlの書きやすさや自由度がいつしか好きになり始めている自分もいて、今回初めてのYAPCへの参加を決めたのでした。

実際参加してみて思ったのは、とにかく楽しくなるようなしかけが満載でした。無料のコーヒーにかき氷、Hubで1000杯までアルコール提供などお金を払ってでも参加する価値のある内容でした。
しかしそれ以上に感じたのは、YAPCに集まった方々、Speakerの方々のお話を聞いていて、この素晴らしいハッカーの皆さんの輪の中に入りたい!ということでした。(キーノートで村瀬さんも同じようなこと言ってましたね)
また、Perlのイベントなのに他言語の発表があったり、Best Talk Awards がPHPの話だったり、とにかくイベントの懐の深さを感じました。

そして一番印象に残ったのは、@songmuさんの発表でした。
発表の中で@songmuさんは、"Perlはまだまだ戦える「それがぼくには楽しかったから」でいい" という趣旨の発言をされていて、改めて、それで良いんだ!と思えました。
さらに

  • 大人の恋愛をしている
  • 他者をDisるのはまだ成熟していない証
  • 自分の嫁最高。
  • 他人の嫁もきっとその人にとっては素晴らしいのでしょう。という境地

ということも言われていて、こんなにもPerlに深い思いをもっていながら、他の言語にも寛容であるというこの思想が本当に素晴らしいと思いました。
改めて、Perlを堂々好きなように好きなだけ続けていけば良いのだな、と思えました。決してモダンな言語とは言えないPerlですが、無いものは自分たちで作っていく、その発想で今後もPerlを楽しんでいきたいと思えました。